読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めざせダイエッター!

みなさんが「ためになった!」と思ってもらえるようなダイエット記事を更新していきます。

知れば得する、預金の種類って?【前編】

今回は、知れば得する預金の種類について説明していきます。

銀行で普段行われている「預金」、いろいろありますが、そのメリット・デメリットを理解しましょう。

f:id:ryo01523k:20080807153140j:plain

基本中の基本、普通預金

普通預金は最も多く使われている預金です。

メリットは、「すぐにお金を引き出すことが出来る」ことです。

これは他の預金にはない特徴です。

コンビニATMも増加していて更に便利になっています。

ですがデメリットもあります。それは、「金利が低い」ということです。

あまり期待しないほうがいいです。他の運用方法を検討しましょう。

 

会社にある、当座預金

これは主に事業用となっています。小切手や手形というビジネスツールを利用するためには必須の口座です。

メリットは、「決済性の多さ」です。

先ほども言いましたが小切手が使えます。

そして手形。両方金額を任意に記載することができます。

このように便利なところがあります。

ではデメリットは「金利が無い」ということです。

普通預金で「金利が低い」として上げましたが、当座預金では0%になります。

そのため、余剰な資金を当座に屋ということはありません。

 

後編に続きます→

広告を非表示にする