めざせダイエッター!

みなさんが「ためになった!」と思ってもらえるようなダイエット記事を更新していきます。

ダイエット中の間食はやった方が良い!? これを食べてキレイになろう!

みなさん、ダイエット中というのはお腹がすきますよね。

そうするとついつい甘いお菓子などに誘惑されてしまいますよね...

 

食べたいけどダイエット中だから!

というときにはどうすれば良いのかご紹介していきます。

f:id:ryo01523k:20150426092952j:plain

 ダイエット中の間食は悪影響だけではない!

みなさんはダイエット中の間食はすべてダメだと思っていませんか?

 

そんなことは無いんです!

もちろん甘いお菓子などはアウトです。

 

間食をするメリットはこちらになります。

  • ダイエットによるストレスの軽減
  • ドカ食い(暴食)を防ぐ

これらのメリットもあるので間食が絶対ダメではありません。

 

じゃあ何を食べれば良いの?

先程は甘いお菓子はダメと書きましたが、では何を食べれば良いのでしょうか。

 

1つめ カカオ75%以上のチョコ

なぜ良いかというと

75%以上カカオが入ったチョコレートは、カカオの分だけ砂糖が少なくなっているのでカロリー控えめ。カカオには、抗酸化成分ポリフェノールが多く含まれており、細胞の老化防止が期待できます。

とあります。

つまり、砂糖が少なくなってカロリーが抑えられます。

しかも、ポリフェノールという成分により細胞の老化を防ぐことができ、お肌にも良いということになります。

 

女性には一石二鳥ですね。

f:id:ryo01523k:20150426092943j:plain

 

2つめ ドライフルーツ

 ドライフルーツというのは、その名の通り果物を乾燥させた物です。

ドライフルーツは、食物繊維や、脂質と糖の代謝を助けるビタミンB群、利尿作用を促すカリウムが含まれており、便秘などダイエット中に起きやすい腸のトラブルにも効果が期待できます。

このように、ドライフルーツは”おいしくて腸にも優しい

という利点があります。

ぜひ、お好きな種類のドライフルーツを探して食べてみて下さい。

f:id:ryo01523k:20150426093005j:plain

3つめ ナッツ類

ナッツといえば、某国の飛行機問題を思い出します・・・

 

それはさておき、ナッツ類はなぜ良いかご紹介します。

ナッツ類に含まれるビタミンEには抗酸化作用があり細胞の老化防止が期待できます。また、ビタミンB群には脂肪や糖の代謝を助ける働きがあるので、積極的に摂りたい栄養素。

細胞の老化を防ぐ効果があるので、チョコと同じようにお肌にも効果があるということです。

 

ですが、加工されたようナッツは当然ダメなので

そのままの加工されていないナッツを食べるようにしましょう!

 

最後に

間食で食べても良い食品を今回はご紹介しました。

ですが、どの食べ物も食べすぎはやめて下さい。

適度に食べるようにしましょう。

 

関連記事

chishiki-news.hatenablog.com

chishiki-news.hatenablog.com

 

参考元 http://news.livedoor.com/article/detail/8773291/

 

広告を非表示にする